品質への取り組み

流通/販売 営業担当者が迅速かつ丁寧な対応を行うための「商品知識研修」

アサヒビールは、お客さまから商品の不具合をご指摘された際には、お客さまのもとにお伺いすること、そして対応にあたっては、「きちんとお調べして、丁寧にご報告する。対応は迅速に。」を基本方針としています。この方針を実践するために、新入社員や新任営業担当者などを対象とした「商品知識研修」を実施しています。

不具合発生時の流れ

不具合発生時の流れ イメージ

研修では、不具合品の状態から不具合品の発生した状況や原因を推測できるよう、工場出荷後からお客さまの手元に届く間に発生するさまざまな不具合の発生原因を再現します。たとえば、缶ビールを落としてしまった場合、落下した向きや強弱などによって、缶に現れる不具合が異なることを確認していきます。
こうした研修を受講することで、営業担当者は不具合の発生状況などについて、お客さまにより詳しくヒアリングできるようになり、その後の工場や研究所での正確な調査につながっています。

品質への取り組みトップへ

ページの先頭へ戻る
公式SNS一覧
メルマガ登録

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。