品質への取り組み

新商品開発 商品開発工程の最終ゲート「新商品開発プロセス確認会議」

アサヒビールでは、各部署で行った品質確認が適切になされたかを審査し、実際に工場で生産を始めるか否かを決定する「新商品開発プロセス確認会議」を定期的に実施しています。
商品開発や技術開発部門のほか、生産、原材料調達、特許、品質保証部門のスタッフが客観的・組織的に評価・判定することで、商品の安全性確保を徹底しています。
「新商品開発プロセス確認会議」は、商品開発工程における品質保証の最終ゲートです。

新商品開発プロセス確認会議の流れ

新商品開発プロセス確認会議の流れ

新商品開発プロセス確認会議における確認項目(概要)

原材料
  • ・残留農薬、アレルギー原因物質などの適法性、安全性
  • ・産地、品種などのトレーサビリティ など
容器資材
  • ・適法性、安全性、物性(形状、強度)
  • ・供給メーカーの品質管理状況、供給能力 など
中味処方
  • ・適法性、安全性、安定性(耐久性) など
製造
  • ・製造(量産)適性、品質管理・供給体制 など
表示
  • ・商標、原材料表示、栄養成分表示の適正
  • ・商品説明、広告における表現の適正 など

※なお、グループ各社においても同様の確認を実施しています。
例えば、アサヒ飲料(株)では、新商品開発のスタート時の「開発着手カンファレンス」、開発の進捗を定期的に確認する「開発分科会」を経て、「新商品品質審査会」を最終ゲートとしています。加えて、量産品が設計どおりの品質を確保していることを「量産確認会議」で確認しています。

品質への取り組みトップへ

ページの先頭へ戻る
公式SNS一覧
メルマガ登録

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。