品質への取り組み

新商品開発 100項目もの品質検査

賞味期限までの間、商品が所定の品質を十分に保持できるかどうか、チェック項目12分類・100項目にも及ぶ品質検査を行い、評価・保証を実施しています。検査は、商品カテゴリーごとに設定したチェックリストに基づいて実施しています。

ビールの品質検査の一部をご紹介

味の評価(官能検査)

味の評価(官能検査)

舌や鼻など人間の感覚器官の働きを使って行う検査です。

化学分析

化学分析

味覚の指標となる分析で、各工程の品質について、厳格な基準を設けています。

視覚的品質検査

視覚的品質検査

「泡持ち」や「にごり」など、視覚的な品質についての検査です。

さらにこんな試験も!

食品衛生法・社内基準の適合試験

原材料から最終製品に至るまでの各段階において、食品衛生法で定められた品質基準や、より厳しく設定している社内基準に適合しているかどうかを確認しています。

確認事項について

  • 原材料仕入先の品質保証能力
  • 原材料の使用農薬情報
  • 農薬残留検査結果
  • 食品添加物の適法性
  • アレルギー原因物質の有無

加えて、最終製品の成分分析、栄養成分含量などの検査を行っています。

品質への取り組みトップへ

ページの先頭へ戻る
公式SNS一覧
メルマガ登録

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。