品質への取り組み

新商品開発 お客さまの飲用シーンを想定した容器選定

容器の選定にあたっては、お客さまのさまざまな飲用シーンを想定して、
開封のしやすさ、飲みやすさ、持ちやすさ、運びやすさなど多様な観点から検討しています。

容器選定における検査・チェック内容

資材の安全性
仕入先の品質保証能力の評価
食品衛生法適合性試験
環境への負荷チェック
採用資材の環境への負荷チェック
耐久性
落下耐久性検査
高温・低温時の耐久性検査
使用試験
社外モニターによる検証
研究所での使用テスト

製造過程・輸送時における検査・チェック内容

各工程での品質検査方法

各工程での品質検査方法

製造工場での「初期流動管理確認
会議」「量産確認会議」の実施

各工程での品質検査方法

商品の量産適性や製造条件、
原材料・資材受入から出荷までの
各工程の品質検査方法などを確認

輸送時の品質保持力

研究所内で輸送シミュレーション
装置を使った実験

輸送時の品質保持力

トラックに搭載してインク落ち
などの運搬テスト

容器への表示の適正性もしっかり確認

アサヒビールでは「新商品開発プロセス確認会議」、「表示審査会」の社内審査機関において、原材料、賞味期限、栄養成分、アレルギー物質、原料原産地などの表示の適正性を確認しています。

品質への取り組みトップへ

ページの先頭へ戻る
公式SNS一覧
メルマガ登録

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。