本文へジャンプ

ここからグローバルナビゲーション

  • はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > CSR・環境活動 > 環境活動 > 環境マネジメント / 環境会計 

グローバルナビゲーション終わり

環境・社会貢献

ここから本文

環境会計

集計範囲:アサヒビール株式会社
2015年1月1日〜2015年12月31日、2016年1月1日〜2016年12月31日
単位:百万円

環境保全コスト
分類 主な取り組み内容 2015年 2016年
投資額 費用額 投資額 費用額
【1】 活動により事業エリア内で生じる環境負荷を抑制するための環境保全コスト(事業エリア内コスト)   410 5,579 1,588 6,096
内訳 (1)公害防止コスト 大気汚染、水質汚濁防止活動
公害防止設備の保守・点検
大気・水質などの分析・測定
153 2,034 585 2,413
(2)地球環境保全コスト オゾン層破壊防止の取り組み
(ノンフロン化)
省エネルギー活動
157 1,556 504 1,530
(3)資源循環コスト 工場廃棄物再資源化の取り組み
リサイクル推進活動
廃棄物処理設備の導入
100 1,989 499 2,153
【2】 生産・サービス活動に伴って上流又は下流で生じる環境負荷を抑制するためのコスト(上・下流コスト) リサイクル推進・支援活動
(容器包装再商品化委託料など)
グリーン電力証書、geマーク
200 242
【3】 管理活動における環境保全コスト(管理活動コスト) ISO14001
環境監査の実施
環境教育の実施
579 530
【4】 研究開発活動における環境保全コスト(研究開発コスト) 研究開発センター、工場での環境関連研究開発 50 126 43 146
【5】 社会活動における環境保全コスト(社会活動コスト) 全社環境美化活動
アサヒの森運営費、公害賦課金
環境保護団体等への寄付、広告
2 280 1 280
【6】 環境損傷に対応するコスト(環境損傷コスト)  
合計値 462 6,764 1,632 7,294
項目 内容等 金額
2015年 2016年
当該期間の設備投資の総額 生産設備の拡充、品質改善および合理化のための投資等 13,259 17,537
当該期間の研究開発費の総額 新製品開発、新技術の研究開発 3,439 3,516
環境保全効果
効果の内容 環境負荷指標 2015年 2016年
【1】 事業場エリア内で生じる環境保全効果(事業場エリア内効果)  
内訳 ○法規制の順守 ・・・a a.[公害規制値]
Web編公害規制値参照
   
○温室効果ガスの排出抑制 ・・・b
※ビール類製造に係るデータ
b.[温室効果ガスの排出抑制]
○CO2排出原単位(kg/kl)
88.7 86.7
○省エネルギー ・・・c
※ビール類製造に係るデータ
c.[省エネルギー]
○「燃料+電力」使用原単位(GJ/kl)
1.73 1.71
○水使用原単位(m3/kl) 4.67 4.61
○廃棄物の再資源化 ・・・d d.[廃棄物の再資源化]
○工場発生廃棄物の再資源化量(千トン)
227 212
○工場発生廃棄物の再資源化率(%) 100 100
【2】 上・下流で生じる環境保全効果(上・下流効果)      
○包装容器の再資源化 ・・・e e.[包装容器の再資源化]
○包装容器の再商品化義務量(千トン)
16.00 17.10
【3】 管理活動に伴う効果      
○ISO14001による環境負荷低減活動      
【4】 研究開発活動に伴う効果      
【5】 社会活動に伴う効果      
○各事業場での地域環境保全  
【6】      
環境保全対策に伴う経済効果
効果の内容 金額
2015年 2016年
廃棄物再資源化による有価物の売却収入総額 252 246
省エネルギー施策による費用削減額 80 89

本文終わり

ページトップへ


ここからフッター

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

フッター終わり