本文へジャンプ

ここからグローバルナビゲーション

  • はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > CSR・環境活動 > 環境活動 > 用水の削減 

グローバルナビゲーション終わり

環境・社会貢献

ここから本文

水使用量の削減

水資源保全の基本的な考え方

アサヒビールでは、水資源の有効利用と排水の水質管理という観点から、ビール類などの商品の大切な原料の一つである水資源の保全に取り組んでいます。水使用量削減の施策については、工場のタンクや配管などの洗浄・殺菌する水使用量の削減や工程からの回収水の有効利用などを実施しています。

水資源

水使用量・原単位の推移(アサヒビール全工場)

水使用量・原単位の推移(アサヒビール全工場)

 1990年2011年2012年2013年2014年2015年
製造量1,620千kl2,137千kl2,165千kl2,162千kl2,179千kl2,194千kl

アサヒビール全工場のビール類製造に係るデータとしています。

水処理設備

水処理設備

本文終わり

ページトップへ


ここからフッター

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

フッター終わり