本文へジャンプ

ここからグローバルナビゲーション

  • はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > CSR・環境活動 > 環境活動 > 省エネ設備の導入 

グローバルナビゲーション終わり

環境・社会貢献

ここから本文

省エネ設備の導入

アサヒビールは、天然ガス(都市ガス)への燃料転換や排水中のメタンガスを有効利用できる嫌気性排水処理設備などを導入しています。また、新冷熱回収(缶列常温充填)や高効率冷凍機など省エネ設備の導入も継続的に進めています。

コ・ジェネレーションシステムによる発電量(アサヒビール全工場)

コ・ジェネレーションシステムによる発電量(アサヒビール全工場)

コ・ジェネレーションシステム

コ・ジェネレーションシステム

再生可能エネルギー利用量 (嫌気性排水処理によって発生したメタンガスの利用量) (アサヒビール)

再生可能エネルギー利用量 (嫌気性排水処理によって発生したメタンガスの利用量) (アサヒビール)

嫌気性排水処理設備

嫌気性排水処理設備

アサヒビールの工場で導入を進めている環境設備、施策

技術項目 効果の内容 導入工場
コ・ジェネレーションシステム 燃料(ガス)の燃焼により発電を行うと同時に、燃焼排ガスを利用して蒸気をつくることで、エネルギーを有効利用します ガスタービン式:福島工場、茨城工場、名古屋工場、吹田工場、博多工場
ガスエンジン式:神奈川工場、茨城工場、吹田工場
燃料転換 従来、燃料に重油などを使用していた工場で、燃料を天然ガスに転換することにより、CO2排出量を抑制します。当初から天然ガス利用も含む 北海道工場、福島工場、茨城工場、神奈川工場、名古屋工場、吹田工場、博多工場
嫌気性排水処理設備 排水中の有機物からメタンガスを取り出し、燃料として使用することで、熱や電力エネルギーの使用量、CO2排出量を削減します 全工場に導入
煮沸排熱再利用システム(VRC) 煮沸釜の排蒸気を圧縮し、煮沸釜の熱源として再利用します 神奈川工場
アンモニア(NH3)吸収式冷凍機 コ・ジェネレーションシステムにより発生する蒸気や、嫌気性排水処理により発生するメタンガスを利用してアンモニア吸収式冷凍機を運転し、熱効率を高めます 四国工場
冷熱回収 ビールは缶やびんに充填する前段階で冷熱を回収し、その他の工程で冷熱を有効活用します。また、結露を防ぐための蒸気使用量の削減する事が可能となりました。 茨城工場、吹田工場、博多工場
蒸気背圧利用 蒸気の減圧エネルギーを回収し、そのエネルギーを利用して冷凍機やエアーコンプレッサーを駆動します。 福島工場、茨城工場、神奈川工場、名古屋工場、吹田工場、四国工場、博多工場
氷蓄熱システム 昼間電力のピーク対応として夜間に蓄熱を行い、昼間の電力負荷平準化に寄与します 北海道工場、茨城工場
メタンボイラー、コージェネレーションシステム 嫌気性排水処理により発生するメタンガスをボイラーやコージェネレーションシステムの熱源とします。 全工場に導入
太陽光発電設備 太陽光エネルギーを電力に変換して利用し、CO2排出量を削減します 名古屋工場、博多工場

環境設備導入による負荷低減フロー (アサヒビール)

環境設備導入による負荷低減フロー(アサヒビール)

本文終わり

ページトップへ


ここからフッター

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

フッター終わり