本文へジャンプ

ここからグローバルナビゲーション

  • はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > CSR・環境活動 > 環境活動 > 環境負荷の概要 / マテリアルバランス 

グローバルナビゲーション終わり

環境・社会貢献

ここから本文

マテリアルバランス

アサヒビールは、「自然の恵みを明日へ」つなぐ企業として、事業活動に伴い発生する環境負荷を正しく把握し、その削減活動を進めるために、原料・資材・資源の投入から生産・物流、さらにお客様が商品を消費・廃棄するまでのバリューチェーン全体における各段階で、どのくらいの資源・エネルギーを使用し、どのような環境負荷が発生しているのかについて、データを集計・分析しています。
ビール類の生産に伴い発生する副産物・廃棄物については、すでに再資源化100%を達成しており、エネルギー使用などによるCO2排出量の削減、水資源の有効利用、容器・資源の回収についても、引き続いて積極的に取り組むことで、持続可能な社会の実現に向けて貢献してまいります。

2016年マテリアルバランスの概要

2016年マテリアルバランスの概要

本文終わり

ページトップへ


ここからフッター

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

フッター終わり