• はい
  • いいえ

アサヒの森の概要

2,165ヘクタールに及ぶ広大な森林

アサヒビールの社有林「アサヒの森」は、広島県庄原市と三次市の大小15ヵ所に点在しています。その総面積は2,165ヘクタール。これは、東京都の中央区と千代田区を合わせたくらいの広さで、東京ドーム463個分に相当します。

「アサヒの森」が受けた山林指定

森林は、洪水や渇水を緩和し、水質を浄化する水源かん養機能、土砂の流出や崩壊を防止する山地災害防止機能、気候緩和や自然とのふれあいの場を提供する等の生活環境保全機能・保健文化機能、さらに野生動植物の生息・生育の場として生物多様性を保全する機能や二酸化炭素の吸収源・貯蔵庫としての機能など様々な公益的機能をもっています。保安林制度は、このような森林の公益的機能の維持・向上等を通じて安全で安心できる豊かなくらしの実現を図る上で重要な役割を果たしています。
「アサヒの森」は全山が森林法に基づく「水源かん養保安林」の指定区域となっているほか、一部が「ブナ林自然環境保全地域」「神之瀬峡県立自然公園」などの指定を受けています。

水源かん養保安林

対象:全山|指定団体:広島県
指定時期:1966(昭和41)年〜1995(平成7)年にかけて全山で指定

ブナ林自然環境保全地域

対象:女亀山の一部|指定団体:広島県
指定時期:1987(昭和62)年3月31日

神之瀬峡県立自然公園

対象:ニ分坂山・曲谷山・黒口山の一部
指定団体:広島県
指定時期:1998(平成10)年4月30日

アサヒの森の位置
山林別情報
山林名 所在地 面積(ha) 人工林面積(ha) 林齢(年)
赤松山 三次市布野町 214 153 35〜65年
甲野村山 庄原市比和町 409 327 25〜65年
俵原山 庄原市高野町 181 101 30〜65年
鳥袋山 庄原市口和町 122 110 30〜105年
女亀山 三次市布野町 115 71 20〜65年
殿畑山 庄原市口和町 20 14 30〜95年
灰谷山 三次市布野町 80 60 35〜65年
法仏山 庄原市比和町 66 60 30〜60年
戸谷山 庄原市濁川町 337 271 25〜60年
須川山 庄原市川北町 151 136 30〜65年
比和奥山 庄原市比和町 46 38 35〜60年
黒口山 三次市君田町 56 50 45〜65年
曲谷山 三次市君田町 157 134 35〜60年
二分坂山 三次市君田町 144 74 20〜65年
下赤松山 三次市布野町 69 31 15〜60年

アサヒの森の現況

自然林と人工林のバランスを考えながら森を育て続けています。

「アサヒの森」はスギやヒノキなどの人工林を植樹する一方で、広葉樹を主体とする自然林については、自然のままの生態系を保護し、維持しています。希少種など特に高い価値をもつ地域は保護区として伐採を禁じています。現在の構成比率は、約25%が自然林、残る約75%が人工林となっており、今後も自然林と人工林のバランスを考えながら、長期的な視点から森林を管理していきます。

人工林約75%・自然林約25%

自然林

「アサヒの森」の自然林のほとんどは、天然更新によって成立したもので、ブナ、クヌギ、コナラ、クリ、アベマキなどの広葉樹のなかに針葉樹のアカマツが生育する典型的な温帯林です。「アサヒの森」の自然林は基本的には自然の遷移に任せています。

天然更新:植林などの人為に頼らず、自然に落ちた種子の発芽などにより樹木を育成すること。地域の風土に適した樹種を再生させることができる。

自然林

人工林

「アサヒの森」では、ヒノキ(約75%)とスギ(約20%)を中心とした人工林を造成しています。この人工林区域では、森を健全な状態に保ちながら育てていくために、下刈りや間伐など地道な手入れを欠かさず実施しています。産出される間伐材は、主に建築材として市場に出荷され、一部は自社の販促品などにも活用されています。

間伐材の活用

スギ・ヒノキ・クヌギの齢級別面積・蓄積量(H25年現在)
齢級 面積(ha) 蓄積量(m3
スギ ヒノキ クヌギ スギ ヒノキ クヌギ
合計 1,628.04 ha 471,956.64 m3
10年生以下 0 0 0 0 0 0
11〜15年生 0 6.87 0 0 275.14 0
16〜20年生 0.03 31.07 0 4.65 2,951.65 0
21〜25年生 0.42 76.22 2.94 91.14 9,919.82 99.96
26〜30年生 6.75 96.61 0.73 1,787.60 18,305.52 33.51
31〜35年生 12.06 98.52 0 3,668.05 22,311.11 0
36〜40年生 29.55 123.81 0 9,823.91 32,077.19 0
41〜45年生 56.81 254.31 0 20,084.30 73,268.40 0
46〜50年生 108.85 233.98 0 39,463.28 69,418.99 0
51〜55年生 78.57 115.01 0 29,049.72 36,083.62 0
56〜60年生 89.06 165.79 0 33,813.23 54,445.14 0
61〜65年生 20.78 17.83 0 8,362.19 6,059.81 0
66〜70年生 0.22 0 0 93.72 0 0
71〜75年生 0 1.00 0 0 372.00 0
76年生以上 0 0.25 0 0 93.00 0
403.1 1221.27 3.67 146,241.78 325,581.40 133.47
人工林

アサヒビールが森を守る理由

森を守ることで、きれいな水や空気、自然の恵みを次の世代まで残していく。
それは自然の恵みを用いて事業活動を行う私たちアサヒグループの責任だと考えます。
私たちは持続可能な社会・世界の人々の健康で豊かな社会の実現に貢献するため、これからも森を守り続けていきます。

アサヒの森の今を皆様にお届けしております。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

PAGE UP