• はい
  • いいえ

FSC(R) FM認証

アサヒビールでは、森林経営を「環境保全」「経済性」「社会性」の観点から改めて見直し、持続的でよりよい森林経営につなげるために、2001(平成13)年3月より、国際的な森林認証機関である『FSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会) FM認証』の取得に取り組みました。FSC FM認証は、「FSCの10原則」に基づき、適正に管理されている森林を認証するものです。綿密かつ厳正な審査の結果、「アサヒの森」は同年9月に、日本で3番目にFSC FM認証を取得しました。
[FSC®C004188]

CoC認証の追加取得と地元との共同

CoC認証:CoCとはChain of Custody=管理の連鎖を意味し、FSC FM認証森林の木材製品が、製造、加工、流通の全過程において、未認証森林のものと混入しないよう管理されていることを認証するもの。「アサヒの森」では2005年にCoC認証を追加取得してFSC FM/CoC認証となり、FSC認証材の販売を開始しました。地元にある広島県北部国産材加工協同組合(製材所)および備北福祉会(木工所)を加工委託先として登録しています。

認証書

FSC®とは

FSC(Forest Stewardship Council®:森林管理協議会)とは、森林の減少・劣化に対する関心が高まるなか、1993年に環境団体や木材を扱う企業などが共同で発足させた機関で、本部はドイツに置かれています。
FSCロゴ FSCの森林認証を受けた森林からできた木材製品には、消費者が容易に選択できるよう、独自のロゴマークが付与されます。 認証された製品が市場に増え、購入が進むことによって、適正に管理される森林が守られ、森林の破壊や劣化を招くことなく木材消費が進むという仕組みです。

森林管理のためのFSC®の10原則

  1. 1法律や国際的な取り決めや、FSCの原則を守っている
  2. 2森を所有する権利や利用する権利が明確になっている
  3. 3昔から森に暮らす人々(先住民)の伝統的な権利を尊重している
  4. 4森の周辺で生活する人や森で働く人に十分な配慮をしている
  5. 5豊かな収穫があり、様々な利用がなされ地域からも愛され利用される森である
  6. 6多くの生物がすむ豊かな森である
  7. 7調査した情報を基に計画を作り、きちんと実行している
  8. 8適切に森を管理しているかどうかを定期的にチェックしている
  9. 9保護するべき貴重な森を守り育てている
  10. 10植林により人工的な森を作るときは十分な配慮をする

アサヒの森の今を皆様にお届けしております。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

PAGE UP