• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > CSR・環境活動 > 環境活動 > アサヒの森 > アサヒの森へようこそ > 学びの場の実施/地域との関わり 

子どもたちとともに。様々な環境教育プログラムの実施

地元の小学生を対象とした、環境教育「アサヒ森の子塾」をはじめ、自然の中で森の役割や人と暮らしとの関わりを体験できる活動を行っています。これまでに子どもたち、家族、学校、企業など多くの方々が参加。「アサヒの森へ行って良かった」と言っていただき、少しずつこの森を通して環境学習の輪が広がっています。

アサヒ森の子塾(2006年〜)

アサヒ森の子塾

甲野村山を会場に、近隣の小学生を対象とした「アサヒ森の子塾」。森の中での体験を通して、森林保全と林業の仕組みや、地球温暖化問題、環境保全の大切さなどを伝えています。

アサヒの森 自然学園(2011年〜)

アサヒの森 自然学園

子ども達とその保護者の方々を全国から招き、「野外での森林教育を通じて環境の大切さを学び親子の絆を深めていただく」機会を提供させていただいています。

私の青空広島空港 アサヒの森

私の青空広島空港 アサヒの森(2005年〜)

全日空グループが主催し、アサヒビールが協賛する環境イベント

森と水の学習会

森と水の学習会(2009年〜)

広島北部森林管理署と共同で行う森林環境教育プログラム。

企業と消費者の対話

企業と消費者の対話(2005年〜)

中国新聞社とアサヒビールが共催。社団法人広島消費者協会が協力。

みんなのエコビレッジ-環境意識を育む活動

若者たちとともに。間伐材を活かしたワークショップの実施

間伐材を活かしたワークショップ
間伐材を活かしたワークショップ
間伐材を活かしたワークショップ
間伐材を活かしたワークショップ

県立広島大学の学生のみなさんと「アサヒの森での小屋作り〜山の手入れと間伐材活用について考える ワークショップ〜」を実施しています。
実際に森に入って様々な体験をしていただき、間伐材の有効活用とその意義について学び、考えるワークショップです。

全国のアサヒビール工場での教材活用

工場での教材活用

全国のアサヒビール工場見学者を対象にした環境教育イベントでも、アサヒの森での森林保全活動の取り組みや、アサヒの森から生み出される間伐材を活用した工作教室などを通じて、森林保全の大切さやその意義などを伝えています。また、毎年開催される国内最大の環境展示会「エコプロダクツ展」にも出展、ひとりでも多くの方々に向けて情報を発信しています。

みんなのエコビレッジ-環境展示会エコプロダクツ

アサヒの森の今を皆様にお届けしております。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

PAGE UP