• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 工場見学・お店・エリア情報 > 九州・沖縄 

九州・沖縄

地域・お店・工場見学トップへ

  • 九州・沖縄
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

アサヒビールPresents 九州情熱人 九州情熱人に 投票しよう!! 結果発表! 2014年9月22日〜10月6日に実施した「九州情熱人に投票しよう!」キャンペーンにおきまして、たくさんのご投票をいただき誠にありがとうございました。この度は、見事各県の「最も熱い情熱人」に選ばれた方々をご紹介します。

九州各県の「最も熱い情熱人」

福岡の最も熱い情熱人<結果はこちら> 佐賀の最も熱い情熱人<結果はこちら> 長崎の最も熱い情熱人<結果はこちら> 熊本の最も熱い情熱人<結果はこちら> 大分の最も熱い情熱人<結果はこちら> 宮崎の最も熱い情熱人<結果はこちら> 鹿児島の最も熱い情熱人<結果はこちら>
福岡県の最も熱い情熱人(7月17日放送)1人の船頭として柳川を盛り上げたい 田野井希美さん

明るく、元気な声で、柳川を訪れた人を迎えている、川下りの船頭歴2年の田野井希美さん。
求人票がきっかけで船頭の世界に足を踏み入れましたが、3.4キロ1時間のコースを1日平均3〜4回船を出すという体力仕事は、性に合っていると言います。
「柳川の歴史を伝え、五感で楽しむような川下りを提供すること」が船頭としての目標です。
そして、女性としての夢は「川下りの結婚式【祝い船】で、法被を自分でアレンジした花嫁衣装で、船を漕ぎ、旦那さんを披露宴会場まで連れていくこと」。
真っすぐに夢に向かう姿はまさに情熱人です。

佐賀県の最も熱い情熱人(7月21日放送)武雄北方ちゃんぽんの魅力を発信する情熱人 光武英樹さん

かつて炭鉱で栄えた北方で炭鉱夫に、安くて、早くて、栄養満点の食事を提供したいという食堂の方達の想いから生まれた“武雄・北方ちゃんぽん”
そのちゃんぽんの魅力を伝える“武雄ちゃんぽんイケ麺ズ”のリーダーが光武英樹さん。ちゃんぽんを食べに行き動画配信する「ちゃんぽんTV」の制作や、2012年に武雄市で開催した全国の団体が参加する「全日本ちゃんぽんサミット」を成功に導きました。
今後見据える先は、ラーメンやうどん文化が根強い東京への売り込みはもちろん、NYや世界に向けての発信です。「武雄の良いものをもっともっと感じてもらいたい」と活動を続けています。

長崎県の最も熱い情熱人(7月17日放送)鯨の食文化を守り伝えていくシンガーソングライター情熱人 日野寛子さん

自分なりの表現で“さかなのまち長崎”を盛り上げる情熱人 日野寛子さん。
鯨の食文化を守り伝えていくことに情熱を燃やしシンガーソングライター「ピロリーナ」として、くじらソングを作ったり歌ったり♪様々なカタチで情報発信中!
魚食文化の普及を盛り上げようと日々奮闘している長崎市の異業種の女性グループ「さかなのまち長崎応援女子会」のメンバーとしても活動中!
実体験やクチコミの女性パワーをフル活用して長崎をもっとずっと“おさかなパラダイス”にしていくキュートな情熱人です☆

熊本県の最も熱い情熱人(6月16日放送)阿蘇カラクリ研究所 福山裕和さん

福山さんは自称「ヘンなモノづくり屋」。阿蘇カラクリ研究所の所長でありただ一人の所員です。数々の奇天烈な発明品でよくメディアにも取り上げられます。
こんな発明ばかりで食っていけるのかとよく聞かれるそうですが、注文を受けて製品を作る仕事もちゃんとやっているのです。でも発明家としての情熱から「ヘンなモノ」も作らずにはいられないのです。それらは時に地元の人たちの助けになり、時に生活の潤いになっています。
今回番組で紹介した発明品「昭和歌謡が聞ける移動式屋台」、既に相当回数稼働しているそうです。福山さんの情熱が、今日も地域の人達の和を深めています。

大分県の最も熱い情熱人(7月22日放送)久住高原をにんにくの産地に 渡邊義博さん

大分県の久住高原でにんにく農家として良質なにんにく作りに励む渡邊さん。
にんにく農家はなかなか専業でやっていくことが難しいことから、徐々に減っていく現状の中、にんにく農家の収入の底上げにつながればと、“黒にんにく”の製造・販売に取り組んでいます。渡邊さんの黒にんにくは、大人気で生産が追い付かないほどです。
渡邊さんは、久住高原をにんにくの産地にするために新たな栽培方法に取り組んでいます。
にんにくではまだ例のない「半水耕栽培」という栽培法で、成功すれば、新規就農者でもにんにくを作りやすくなるということで、期待が高まります。
渡邊さんの挑戦はまだまだ続きます。

宮崎県の最も熱い情熱人(9月12日放送)宇納間エイサー琉星會 会長 杉本慎吾さん

美郷町北郷生まれ、北郷育ち。11年前に立ち上げたエイサーグループ 「宇納間エイサー琉星會」代表の杉本さん。
戦時中に、沖縄からの学童疎開を美郷町北郷で受け入れたのがそもそもの始まりで、美郷町ではエイサーが踊られています。戦争という悲しい過去を乗り越え、今では、「沖縄との絆」。また、「地域をPRする手段」。さらに、「地域をひとつにしてくれる文化」として、根付いています。
杉本さんは、「エイサー」を通して、町を元気にし、美郷町北郷を多くの方に知ってもらおうと情熱を燃やしています。
美郷町北郷では、情熱の太鼓の音が今日も鳴り響いています!

鹿児島県の最も熱い情熱人(6月24日放送)世界一美人の多い町に。 ヒラノマリナさん

4年前、メイクアップアーティストならではの発想で地元鹿児島を盛り上げようと、「鹿児島美人計画」を立ち上げました。
ヒラノさんの腕を生かしたメイクレッスンをメインに、女性が喜ぶ食事やイベントとコラボして、「自分の魅力を みつけてもらおう!」「鹿児島に美人を増やそう!」「鹿児島を世界一美人の多い町にしよう!」というものです。
「温泉」「綺麗な水」「豊富な食材」と美のかかせない要素が溢れている鹿児島。
「世界中に“鹿児島は美人が多いから行こう”と言ってくれる人を増やしたい。
鹿児島を世界一美人の多い町にします!」と力強く語ってくれました。

★九州7県のAM各局で「九州情熱人」をご紹介!★
九州各県の情熱人の発掘と、情報発信の場として、九州7県のAM各局の企画「アサヒビール presents『九州情熱人』」コーナーで、地元の情報に精通している地元局の情熱リポーターが、毎週該当県における『情熱人』を発掘し、紹介させていただきました。
放送期間 2014年6月9日(月)〜10月26日(日)まで

<過去のNo.1情熱人>
2013年の最も熱い情熱人はこちら → 九州情熱人2013 結果発表
2012年の最も熱い情熱人はこちら → 九州情熱人2012 結果発表

九州各県の地元AMラジオ局でご紹介している「九州情熱人」。九州を愛し、地元のために情熱を注ぐ人たちが九州にはたくさんいます。アサヒビールは、そのような方々の情熱を応援することで、九州を応援いたします。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。