• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 工場見学・お店・エリア情報 > 九州・沖縄 > 長崎県 > 「ハナダふぁいる」Vol.1 長崎県「平戸」 

長崎県

地域・お店・工場見学トップへ

  • 九州・沖縄
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

ハナダふぁいるトップへ

Vol.01 長崎県 異国文化が溶けこむ”うまい町”平戸

  • 平戸の紹介
  • 日本初情報
  • ご当地グルメ
  • イベント情報
  • New Open!情報

平戸の紹介

豊饒なる海に囲まれた平戸では、一年を通して旨い魚介類が味わえるというのは、想像に易い。特に、12月〜4月までのヒラメと10月〜12月のアラ(クエ)は、特筆もの。他にも、ヒオウギガイやカキ、アワビにウチワエビなど食通垂涎の食材も豊富に獲れる。また、魚介類だけではなく、平戸和牛の旨さたるや“絶品”という言葉が軽く感じられるほどに、ジューシーで肉の風味も豊かなのだ。しかも、平戸和牛は、現地でしか食べることができないというから、ぜひとも、体験していただきたい。
・・てな具合ゆえに、平戸へはその大半が「うまい」を求めて、訪れる観光客に他ならない。しかし、ここ平戸は異国文化が根付いている光景を目の当たりにできたり、その文化を体験できたり、また、16世紀には国際貿易港として栄えていたため、京や堺の商人たちも仰天するほどの異国の珍品が流通していた歴史を持つ。そんな歴史的背景をもっと気軽に知ることができる施設「オランダ商館」が2011年9月にオープンした。また、前述の食材をふんだんに揃えた物産館「平戸瀬戸市場」もこの2月25日にオープンしました。
さぁ、この春の旅行は、知識欲も食欲も十二分に満たしてくれる平戸できまり!?

上)寺院と教会の見える風景
左下)聖フランシスコ・ザビエル教会
右下)平戸城

ページ上部へ

日本”初”情報

日本で初めてポルトガル船が平戸へ入港したのは、長崎が開港するより20年も早い1550年。ポルトガル船が運んできた「日本初」は、圧倒的に“食”に関するモノが多い。しかも、意外なモノが・・・。
まずはパン!商人や船員たちが進行するキリスト教のミサに使う「パン」と「葡萄酒」は必需品だったのだ。また、「砂糖を使ったお菓子」も当時の日本にとっては画期的だったそう。「“パン・デ・ロー”と呼ばれるポルトガルのお菓子はカステラのルーツと言われている。平戸名物の「カスドース」もポルトガル語で“甘いカステラ”から命名された。他にも、1613年に平戸へ入港したグローブ号には「ビール」が積まれていたことが記されている。食物以外では、「タバコ」や「ペンキ」など、とにかく当時の平戸は日本で最先端の貿易港だったことは間違いない。

平戸名物「カスドース」

ページ上部へ

ご当地グルメ

「平戸ちゃんぽん」は戦前に長崎より伝わり、ボリュームたっぷりのそれは、当時の大衆食堂ブームも手伝い定着していったそうだ。平戸で獲れた魚介やてんこ盛りの野菜が特徴的で、昨今では日蘭交流400周年記念でメニュー化されたオランダをイメージした通常の具財を使用せずチーズやバター・アスパラを使った「平戸オランダちゃんぽん」を提供する店もある。
また、ぜひ味わってもらいたいのは「平戸和牛」とろけるほどのジューシーさや口内に広がる肉のうま味、とにかく幸せな気持ちになれること請け合いだ。ランチでも気軽に味わえるのもうれしい。

左)平戸ちゃんぽん
右)平戸和牛

ページ上部へ

イベント情報

平戸の天然ひらめが旬を迎える2012年1月14日(土)〜4月8日(日)の期間、平戸市内の宿泊施設や主な飲食店では、平戸市内で獲れた天然のひらめだけを使ったヒラメ料理が味わえる。ピンクがかった柔らかめの身には、旬ならではの脂がのった旨味が凝縮されている。全国屈指のひらめの漁獲高を誇る豊饒な海で育った極上のヒラメを味わえるのはこの期間だけ!

期間:2012年1月14日(土)〜4月8日(日)
場所:平戸市内の各飲食店及び宿泊施設
問い合わせ:平戸観光交流センター TEL:0950-22-3060
詳しくはこちら:http://www.hirado-net.com/

左上)ひらめのお茶漬け
右上)平戸市内で獲れた天然のひらめ
左下)半透明に光る繊細な白身
右下)焼いても美味しい

ページ上部へ

New Open!情報

New 2月25日(土)オープン!平戸の「うまい」が大集合! 平戸瀬戸市場

平戸の「新鮮」「美味い」「安い」が勢揃いの物産館が待望のオープン!1階に平戸の地場産品を販売する農水産物直売所、平戸瀬戸を見渡せる2階には平戸の旬の食材を提供するレストランが併設されている。お土産やお食事に、是非、立ち寄ってみよう!

所在地:平戸市田平町山内免345-15
問合せ:0950-21-1977

鮮魚(魚介類)、野菜、果物、米、精肉などの生鮮品 や加工品、アルコール類、菓子類などを販売します。一般的なスーパーや土産物店とは違った“平戸産”のこだわり商品です。

営業時間:8:00〜18:00

平戸の新鮮な魚介類や季節の野菜を使った料理が自慢。「家庭料理」「健康」「手作り」をコンセプトとした“田舎の家庭料理”です。


営業時間:11:00〜17:00(LO 16:30)
メニュー:<ランチ>平戸瀬戸刺身セット 1,200円、漁師の煮つけセット 1,200円、平戸和牛ハンバーグセット 1,100円、<カフェ>チョコレートケーキセット 550円、ショコラケーキセット 550円など

New 平戸の歴史を垣間見るNEW SPOT! 平戸オランダ商館

建物に西暦年号を記していたことから、江戸幕府より破壊を命じられた石造倉庫。平成23年9月、当時の資料や発掘調査を基に復元。1階は常設展、2階は多目的スペースが設けられ、4世紀前の大航海時代を彷彿とさせる様々な史料や貿易品などを展示している。

所在地:平戸市大久保町2477
問合せ:0950-26-0636
料金:大人300円・小中高校生200円
営業時間:8時30分〜17時30分
定休日:6月の第3火〜木曜日

ページ上部へ
アクセス・お問い合わせ情報

お車をご利用の場合

○福岡(都市高速・浜玉有料道路経由)−唐津−伊万里−平戸
○各地(高速道経由)−武雄北方IC−伊万里−平戸
○各地(高速道経由)−佐々IC−平戸

バスをご利用の場合

○高速バス
博多(高速バス120分)−佐世保(バス90分)−平戸
○会員制高速バス:事前申込が必要。会費を払うと、何度乗っても期間内なら無料!(約2時間20分〜45分)

JR・MRをご利用の場合

○各地(JR)−佐世保−(MR・90分)−平戸
○各地(JR)−有田・伊万里−(MR)−平戸
○佐世保−(バス・90分)−平戸
お問い合わせ

社団法人 平戸観光協会

【所在地】長崎県平戸市岩の上町1473   【問い合わせ】TEL:0950-22-3060 FAX:0950-23-8601   【URL】http://www.hirado-net.com/
ページ上部へ

今までに掲載した、九州各地の旅情報をご紹介します。

花田 伸二(はなだ しんじ)

1962年生まれ、血液型O型。
現在、15年間の旅雑誌の編集経験からTNCテレビ西日本の情報番組「ももち浜ストア」への出演や、西日本スポーツ新聞のコラム
「いい湯だな!」を執筆しながら、旅館専門の集客マーケティング事業を展開中。
ウェブマガジン「温泉STAY」主宰、アサヒビール九州エリア“地域活性化推進PJ”社外プロデューサー。

※ 料金は2012年8月17日現在のものです。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。