• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 工場見学・お店・エリア情報 > 九州・沖縄 > 鹿児島県 > かごしま新名物丼「黒豚わっぜえか丼」 

鹿児島県

地域・お店・工場見学トップへ

  • 九州・沖縄
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県
どどーんとスゴい!かごしま新名物丼 わっぜえか丼

多彩な食材が集まる鹿児島で新名物登場!
鹿児島県産の黒豚を使用した、
思わず“わっぜえか”(鹿児島弁で「すごい」の意味)と
叫んでしまいそうなインパクトのある「黒豚わっぜえか丼」!
この究極のどんぶりをぜひご堪能あれ!

ウマさ千差万別!
「黒豚わっぜえか丼」とは・・・

鹿児島には、桜島、錦江湾、西郷どんといった、自然や歴史などのすばらしい魅力がいっぱい!中でも、注目を浴びているのが、黒豚・焼酎をはじめとする鹿児島の多彩な食文化。そこに誕生したのが新名物丼「黒豚わっぜえか丼」。県内の各店が、和・洋・中華とジャンルを問わず、店一番の「わっぜえ」さ(スゴさ)を競い合い、どこの店舗も豪快で男気あふれる鹿児島ならではの、各店独自の自慢の地グルメどんぶりを提供しています。

「黒豚わっぜえか丼」の定義

  • 「黒豚わっぜえか丼」誕生秘話鹿児島産の黒豚を使用したどんぶりである。
  • 「わっぜえか=スゴい」工夫をした
    お店一番のオススメどんぶりである。

明治維新の立役者、西郷隆盛は大の食通で黒豚料理好きだったそうです。そこから黒豚料理が多数生まれたともいわれております。

それ以降、鹿児島を訪れた人々にも「わっぜえか!」と言ってもらえるように、黒豚を用いた数々の料理が開発されたとか。

おいしい&ヘルシー 鹿児島の黒豚

鹿児島県は豚の飼養頭数が日本一といわれています。
その中でも鹿児島県産の黒豚は400年もの歴史を誇り、西郷隆盛など、多くの偉人たちに愛されました。

柔らかく歯切れ良い肉質、臭みもなく、脂がべとつかず、さっぱりとした食感です。

栄養分も一般的な白豚よりも豊富で、
今では健康食材としても注目されています。

どどーんとスゴい!かごしま新名物丼 わっぜえか丼
食べ歩きGuide&Map

ページ上部へ

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。