• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 工場見学・お店・エリア情報 > 九州・沖縄 > 宮崎県 > 地どれ魚を極める 

宮崎県

地域・お店・工場見学トップへ

  • 九州・沖縄
  • 福岡県
  • 佐賀県
  • 長崎県
  • 熊本県
  • 大分県
  • 宮崎県
  • 鹿児島県

【特集】地どれ魚を極める

豊富な種類と漁獲高を誇り、注目を集める宮崎の地どれ魚。県が認証するブランド魚をはじめ、その自慢の美味に舌鼓を打ちたい

獲れたての海の幸を味わい尽くす!

南北に長い海岸線を持つ宮崎は、海の幸の宝庫です。黒潮が流れ込む日向灘が育む魚介は種類が豊富で、一年を通して旬の魚を味わうことができます。身が締まった獲れたての味は格別! 漁獲量も多く、近海カツオ、マグロの水揚げ量は日本一を誇ります。また、県内陸部の山側では美しい清流が流れ、ヤマメ、アユなどの川魚も豊富です。

滋味あふれる魚の中でも、一定の基準を満たす優れた品質のものは、「宮崎ブランド」の水産品として認定され、全国的にも人気を集めています。現在は「宮崎カンパチ」「北浦灘アジ」「門川金鱧」「ひむか本サバ」「五ヶ瀬やまめ」「宮崎かつお うみっこ節」の6種が認定されています。獲れたての美味しい魚をつまみに、今宵もお酒がすすみそう?!

【写真左】マグロの水揚げ【写真中】カツオの一本釣り【写真右】トビウオすくい
宮崎の獲れたての海の幸

宮崎ならではの四季折々の旬を堪能して

春

  • カツオ
  • マグロ
  • タイ

【カツオ】

3月になると全国に先駆けて水揚げされるようになります。漁法は、カツオ一本釣、曳縄など。刺身、たたきなどで食べられ、タウリン、ビタミンA、D、B1、B2、が多量に含まれています。

【マグロ】

春から初夏にかけて、黒潮にのって沿岸で漁獲されるようになります。ビタミンAやB群のほか、EPA・DHAを多量に含んでいます。

【タ イ】

マダイの他、チダイや、レンコダイと呼ばれるキダイがいます。桜の季節になると産卵のために沿岸にやってきて、この頃獲れるマダイは「桜ダイ」と呼ばれ賞味されます。

夏
  • カンパチ
  • シイラ
  • トビウオ

【カンパチ】

頭部に八の字形の暗色斑があることから、カンパチ(間八、勘八)と名付けられています。刺身食材として人気のある美味しい魚です。宮崎は全国2位の生産量を誇ります。

【シイラ】

成長の早い魚で、1年で1m以上にもなります。赤みのある身は癖がなくあっさりしていて、刺身で食べたり、塩焼きやてんぷら等、どんな料理にでも合う人気の魚です。

【トビウオ】

都井岬周辺で行われる「トビウオすくい」は夏の風物詩として有名。カルシウムのほか、若返りの効果が期待されるビタミンEの50倍の効力があるという、セレン(ミネラル)が多量に含まれています。県南地区で食べられる「魚うどん」は絶品です。

秋

  • イセエビ
  • アジ
  • イワシ

【イセエビ】

宮崎県は漁獲高全国5位の伊勢エビの産地。漁が解禁される9月から3月までが旬で、毎年9月の解禁日になると、県内各地でイベントが開催されます。

【ア ジ】

主に旋網で漁獲されており、一本釣りでも釣られています。アミノ酸やイノシン酸が多く含まれており、ビタミンB1やB2も多く、さらに干物はミネラルに富んでいます。

【イワシ】

EPAやDHAなどの不飽和脂肪酸が多く、ビタミンDは成人の一日の必要量の約5倍(100g中)も含まれており、昔から健康、長寿の食物とされています。イワシの中でもウルメイワシの漁獲量は、宮崎県が全国1位です。

冬
  • ブリ
  • ヒラメ
  • オオニベ

【ブリ】

たんぱく質・脂質が多く、栄養のバランスが良いのが特長です。特に栄養を蓄える冬のブリは、寒ブリといわれ大変美味しい事で有名です。刺身、塩焼き、照り焼きなど、様々な調理法があります。

【ヒラメ】

2月から4月頃までが旬で、底曳網や刺網等で漁獲されます。刺身でも煮付けでも美味な魚ですが、背ビレの下や尻ビレの付け根の肉は脂が多く、ヒラメの縁側と呼ばれ、特に珍重されています。

【オオニベ】

刺身、煮物、鍋物に最適で、内臓も美味しく、捨てるところがまったくないといえる魚です。 宮崎県が全国初の種苗生産に成功し、平成7年度の海づくり大会に天皇陛下が詩に詠まれた魚です。

JF宮崎魚連へ
宮崎で地どれ魚が美味しく食べられるお店一覧

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。