• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 工場見学・お店・エリア情報 > 近畿 > 京都府 > 歴史ある街で時をきざんで。 

近畿

地域・お店・工場見学トップへ

  • 近畿
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
歴史ある街で時をきざんで。
〜京都・滋賀とアサヒビール〜
緑豊かなアートの名所「大山崎山荘」をはじめ、京都・滋賀には古くからアサヒビールの関連施設が点在しています。地域のみなさまとともに歩んできた、各施設をご紹介します。
緑豊かな山荘の美術館
アサヒビール大山崎山荘美術館
大山崎の自然の中にたたずむ、風情あふれる美術館―実業家・加賀正太郎が大正から昭和初期に英国のチューダー様式をもとにつくったといわれる山荘を、美術館として再生したのがこの美術館の始まりです。

実はこの山荘、荒廃が進み、また大規模開発の計画が進められていました。心ある人々からその保存が切に望まれており、京都府の要請を受けアサヒビールが修復整備し、1996年に、アサヒビール大山崎山荘美術館として蘇ったという歴史があります。

その際、山荘と併設して安藤忠雄氏設計のモダンな新館も建設され、大きな話題を呼びました。まわりの景観を損ねないよう半地中に配置されたギャラリーには、モネの名作「睡蓮」が飾られ、ゆったりとした時間をお過ごしいただけます。美術館では他にも西洋絵画から陶器、木漆工芸、日本画など幅広いコレクションを有しています。
春の桜、初夏の新緑、秋は紅葉・・・と、四季折々の表情が豊かな庭園も必見です。
アサヒビール大山崎山荘美術館の詳細はこちら
春の美術館
地中の宝石箱と呼ばれる新館のギャラリー
「京都アサヒビヤホール」時代の外観
昭和の時代に使われていたご案内
京都の伝統あるビヤホール
スーパードライ京都
スーパードライ京都の前身となるビヤホールがオープンしたのは昭和14年ごろといわれています。

昭和24年には「京都アサヒ軒」と呼ばれていた当店は、昭和27年1月に「京都ニューアサヒ」、昭和32年4月に「京都アサヒビヤホール」、昭和54年2月に「ローゼンタール京都」、そして平成元年10月には「スーパードライ京都」と名前を変えながら、現在に至っています。

もともと明治30年、アサヒビール株式会社の前身の一つである大阪麦酒株式会社が、大阪・中之島大江橋南詰に創業した日本初のビヤホール「アサヒ軒」が、現在「スーパードライ京都」を経営するアサヒフードクリエイトの母体となっています。日本のビヤホールは関西で産声を上げ、その後日本に根をおろしてきたといえるでしょう。

1939年から60余年の歳月を京都の皆様と過ごしてきた「スーパードライ京都」。本格欧風料理をつまみに、吹田工場直送のおいしい生ビールを心ゆくまでお楽しみください。
スーパードライ京都の詳細はこちら
1846年創業。麦芽製造の老舗
アサヒビールモルト株式会社
ビールの「魂」である麦芽の製造・研究・開発を行っているのが、ここアサヒビールモルト株式会社です。その歴史は弘化3年(1846年)、現在の大阪市中央区で「津之国屋」の屋号のもと製飴用麦芽の製造を開始したことに始まりました。

現在は滋賀県野洲の本社・工場と、栃木県の小金井工場でビール用麦芽やむぎ茶類などを製造しています。本社・工場に隣接した野洲試験圃場では、日本・海外の大麦約600種を栽培、新しい品種の開発をめざして研究が続けられています。同時に試験室では産地・品種によって異なる麦の特性を把握、高度な品質管理を行うために、微生物の管理や綿密な試験分析が日々行われています。

近年では、160年の伝統に磨き抜かれた技術を生かし、大麦・麦芽を素材とした新たな食品原料を提供中。麦茶は独特の風味をかもし出す熱風焙煎機、ドイツ・プロバット社のロースターを導入、最高品質の製品を送り出しています。
アサヒビールモルト株式会社の詳細はこちら
アサヒビールモルト株式会社外観

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。