• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 工場見学・お店・エリア情報 > 北陸 > 宇奈月温泉特集 

北陸

地域・お店・工場見学トップへ

  • 北陸
お湯よし 味よし 自然よし

富山県・黒部峡谷の山あいの湯 宇奈月温泉

透明度日本一のきれいなお湯

宇奈月温泉のお湯は無色透明で、お肌にやさしいアルカリ性単純泉。
透明度は日本一を誇ります。
源泉の温度は87.8度もあり、よく温まることからリウマチや運動器障害、神経症などによく効くとされています。
1日に3000トンという豊富な湧出量も自慢です。

電源開発の歴史とともに開かれた温泉地

現在の宇奈月温泉は、かつては桃の樹林が広がる無人の台地でした。黒部川の電源開発が始まった大正時代、この地に一大温泉地を開こうという計画も進められました。
そして、幾多の苦労を重ねて大正12年、ようやく黒部川の7キロ上流にある黒薙から温泉を引くことに成功したのです。

宇治の月、奈良の月より、宇奈月の月

電源開発の功労者である山岡順太郎と山田胖の二人は、ある夜、お湯につかりながら、生まれたばかりのこの温泉にどんな名前をつけようかと相談していました。
ちょうどその夜は月が美しく、宇治や奈良とならぶ名月の地にしようとの思いをこめて、元々あった「うなづき」の地名に「宇奈月」の文字をあてることにしたのです。

 

※参考:黒部峡谷 宇奈月温泉公式サイト

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。

宇奈月温泉おすすめの旅館・ホテル一覧はこちら 黒部峡谷 宇奈月温泉 公式サイトはこちら