• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 工場見学・お店・エリア情報 > 北陸 > あわら温泉特集 

北陸

地域・お店・工場見学トップへ

  • 北陸

あわら温泉では、お湯の共同管理を行っておらず、各施設が何本かの温泉の井戸を持っています。そのために各施設により温泉の成分が微妙に異なっており、それぞれ違った感触のお湯をお楽しみいただけます。

泉質
中性〜微アルカリ性の含塩化土類食塩泉。ナトリウム、カリウムに富んでいます。
泉温
33.5〜77.5℃
効能
<浴用>
リウマチ・慢性皮膚炎・神経痛・アトピー性皮膚炎
<飲用>
慢性胃カタル・慢性胃酸減少症

芦原温泉ボーリング風景(大正8年)

当時のメインストリート(大正3年)

越前がに

東尋坊

その昔、現在のあわら温泉中心部は低湿な沼地でした。明治16年にひとりの農民が灌漑用の水を求めて水田に井戸を掘ったところ、約80度の温泉が湧出したのが始まりです。翌明治17年には何軒かの温泉宿が開業し湯治客を泊めるようになり、明治45年に旧国鉄三国線が開通して以降、温泉街として発展してきました。

その後、福井大震災(昭和23年)、芦原大火(昭和31年)に遭遇し、温泉街は甚大な被害を受けましたが、町民挙げての復興への努力が実り、現在では近代建築の中に優雅さと奥ゆかしさを伝える「ロマンティック湯の町」として 、関西や中京圏の方々のみならず関東圏の方々からも好評を得ています。

あわら温泉は水田が広がる坂井平野にありますが、山にも海にも近く、どちらの自然を満喫するにも絶好の場所にあります。冬の味覚の王者「越前がに」に代表される、日本海でとれた新鮮な魚介類や、福井の豊かな大地で、甘く美味しく育ったメロンやすいかなどのフルーツも人気です。また近隣には、断崖絶壁で有名な「東尋坊」や、曹洞宗の大本山「永平寺」などがあり、様々な観光スポットを楽しむことができます。

あわら温泉へのアクセス
東京から JR 新幹線〜特急しらさぎ〜芦原温泉駅、芦原温泉駅より10分 <約3時間50分>
自動車 東名高速道路〜名神高速道路〜北陸自動車道〜金津I.C.、金津I.C.より15分 <約6時間10分>
飛行機 羽田空港〜小松空港〜小松駅〜芦原温泉駅、芦原温泉駅より10分 <約1時間50分>
大阪から JR 特急サンダーバード〜芦原温泉駅、芦原温泉駅より10分 <約2時間10分>
自動車 名神高速道路〜北陸自動車道〜金津I.C.、金津I.C.より15分 <約3時間10分>
名古屋から JR 特急しらさぎ〜芦原温泉駅、芦原温泉駅より10分 <約2時間20分>
自動車 東名高速道路〜名神高速道路〜北陸自動車道〜金津I.C.、金津I.C.より15分 <約2時間30分>

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。