• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 工場見学・お店・エリア情報 > 北陸 

北陸

地域・お店・工場見学トップへ

  • 北陸

2012年3月25日(日)に開催された「世界農業遺産スタディバスツアー第2弾」!今回は「里山」をテーマに、自然と共生する能登の人々の暮らし、伝統的な知恵を学び、里山里海とのかかわりについて考えるスペシャルな大人だけのツアーとなりました。ここでは、ツアー当日の模様をご紹介します!

8:00 バスに乗って、いざ出発!

時々雪がちらつくとても寒い日でしたが、欠席者はゼロ。当選した30名の皆さん、バスに乗り込み、出発!

バスの中では、参加メンバーが自己紹介をしました。第2弾は「里山」がテーマ。石川県最北端の珠洲にむけて出発しました。

バスの中では、石川県奥能登農林総合事務所の上馬さんから、奥能登原木椎茸のブランド化についての講義がありました。

10:30 珠洲に到着!原木しいたけ「のと115」の収穫体験

三清共代表の須磨谷さんより、原木しいたけ「のと115」のうち、規定サイズ以上の大きさの高級しいたけ「のとてまり」を栽培する苦労話をお伺いして、実際に原木しいたけを収穫しました。

参加者の皆さん、あいにくの吹雪の中、一生懸命大きなしいたけを探していました。

11:30 幻の「大浜大豆」の豆腐づくりを学びました!

狼煙町の横山集会所へ移動し、横山振興会の二三味さんから、幻の大豆「大浜大豆(おおはまだいず)」の栽培についての取り組みについてお伺いし、にがりを使わず海水のみで作る伝統的な「大浜大豆」の豆腐づくりを見学させていただきました。
海水を加えて固まっていく豆腐を見て歓声があがりました。

12:30 お待ちかね!昼食は海藻しゃぶしゃぶ!

漁師旅館「狼煙館」さんにて海藻しゃぶしゃぶをいただきました。見学した大浜大豆の豆腐も届けていただき食べました。優しくてまろやかな味わい!感動レベルのとっても美味しい豆腐でした。

14:00 大野製炭工場で炭焼きレクチャーと体験

大野製炭工場の若き代表である大野さんが講師となり、茶道で扱う「菊炭」を生産するため植栽、管理しているクヌギ林を見学し、里山林の循環と炭焼きについてお話をお伺いしました。また、9年ぶりとなる釜の修復作業を体験しました。

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。