• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 工場見学・お店・エリア情報 > 首都圏 > 千葉県 

千葉県

地域・お店・工場見学トップへ

  • 首都圏
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 神奈川県
  • TOPPAGE
  • カクテルレシピ(プロ)
  • カクテルレシピ(一般部門)
  • 料理紹介
  • セミナー報告ページ

KASHIWA WHISKY FORUM 2017 EVENT REPORT

「柏から世界へ」羽ばたくウイスキーを、多くの皆様に楽しんでいただこうと、2011年からはじまった「かしわウイスキーフォーラム」。2017年10月15日、本イベントは、6回目の開催を迎えました。ご来場されたお客様は、美味しいウイスキーやカクテル、料理を心ゆくまで堪能され、“ウイスキーの進化”をテーマとするカクテルコンペティションや各種セミナーも、大いに盛り上がりを見せました。

ウイスキーと料理に酔いしれる、柏が誇るウイスキーの祭典

開場

 今年は、ニッカ最大の総合パッケージング工場である柏工場が創立50周年を迎え、加えて、そこから出荷される『ニッカ カフェモルト』が、国際的コンテスト「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ 2017」グレーンウイスキー部門で最高賞“トロフィー”を受賞したことで、会場のハート柏迎賓館は、お祝いムードに包まれていました。
 受付では、お馴染みとなったニッカウヰスキー社員 玉村まゆみのバグパイプ演奏によるスコットランド民謡に迎えられ、お客様の気分は早くもウイスキーモード!今回は2年振りの開催とあって、ロビーは、この日を待ち焦がれていた多くのウイスキー愛好家の熱気で溢れていました。
 ついに開場の時を迎え、メイン会場のドアが開くと、お客様は一斉に思い思いのテーブルへ!それぞれにウェルカムドリンクを手にして、イベント開始を今か今かと待たれていました。

イベント開会

 「あいにくの天候ですが、スコットランドと同じように、ウイスキーを飲むのにふさわしい日と思って楽しんでください」と、実行委員長 松本克敏氏が、雨の中、県内外からお越しいただいたご来場者を労りつつ開会を宣言。来賓挨拶では、柏市の秋山浩保市長が「このフォーラムが、柏市でバーを経営されている方や地元の若い人たちを中心とする実行委員会に支えられているのが誇り」と、スタッフの功績を称えられました。
 続いてアサヒビール株式会社 千葉統括支社支社長 中村昭彦から、柏工場の創立50周年と『ニッカ カフェモルト』の“トロフィー”受賞が報告された後、いよいよ乾杯へ!中村昭彦とアサヒビールイメージガール田口千晶さんによる「ウイスキー!」の発声を合図に、ウイスキーの祭典がスタート!会場内にウイスキーの芳醇な香りが一気に広がり、たくさんの笑顔が弾けました。

立食パーティー

 メイン会場のウイスキーブースでは、本年度“トロフィー”賞に輝く『ニッカ カフェモルト』をはじめ、『カフェグレーン』、『ザ・ニッカ12年』、『シングルモルト余市』、『シングルモルト宮城峡』、『ブラックニッカ ハイボール』と、ニッカウヰスキーの誇る人気ラインナップが並び、各商品の前にはお客様の長蛇の列が続きました。
 料理ブースでは、和洋中の創作料理が振る舞われました。ハート柏迎賓館 葉梨健一料理長によれば、「地元・柏産の食材を中心に、特に健康志向を意識し、ウイスキーに合うカロリー抑えめの料理を目指した」とのこと。今回はお客様全員に料理が行き渡るよう、「握り寿司」、「豆腐バーガー」、「オードブル」については、一人一皿ずつ用意されました。オリジナルメニューでは、隠し味に『竹鶴』を使った「千葉県産ゆで豚肉のピリ辛ソース竹鶴仕立て」や「ウナギの白焼きバルサミコ竹鶴風味」が大人気!秋らしさを演出した「季節のキノコが香る焼売」、「海老と柿のマヨネーズ炒め」、「鶏新丈の銀あんかけ」も、ウイスキーとの相性が抜群との声が聞かれました。どのテーブルも、美味しい料理とウイスキーとのマリアージュを楽しむお客様の笑顔に溢れていました。

会場の様子

それぞれの個性とウイスキー愛をカクテルに表現

カクテルコンペティション

【プロ部門】

 メインステージでは、カクテルコンペティションのプロフェッショナル部門がスタート。地元・柏市をはじめ、遠くは岡山県倉敷市から、プロのバーテンダーが7名集結し、『竹鶴』『余市』『宮城峡』を20ml以上使ったオリジナルレシピで腕を競い合いました。
 今回、初の試みとして、マイクを使ってプレゼンテーションしながらカクテルを作っていくスタイルで競技は進みました。セッティングから、材料の紹介、シェイク、ステア、最後のデコレーションまで、各自緊張に満ちた表情で、自分のカクテルを表現。ある選手はカウンター越しのお客様に語りかけるように、また、ある選手はエンターテイナーの語り口で、竹鶴政孝やニッカウヰスキーに対する想いを交えながら、プロならではの高度なパフォーマンス!プロフェッショナルとしての誇りをかけた個性のぶつかり合いに、お客様からは拍手と歓声が湧いていました。

【一般部門】

 続いて、一般部門のコンペティション。今年は「ニッカウヰスキー柏工場50周年記念ハイボールカップ」と銘打ち、カクテル愛好家12名が、『ブラックニッカ』シリーズを使った自慢のオリジナルハイボールを披露しました。選手は6名ずつに分かれ、カクテルブースにて一斉に創作。出来上がったカクテルは、その場で振る舞われ、お客様は作品に込められた各選手の想いを確かめるように飲み比べていらっしゃいました。
 この後、プロ選手の作品も振る舞われ、各選手の前にはお客様が殺到!プロのバーテンダーたちが、この日のために準備してきた自信のオリジナルカクテルとあって、各カクテルともあっという間に姿を消しました。お客様は工夫をこらしたプロの味を堪能されたご様子です。

  • 今年もバグパイプの演奏で来場者を迎えます

    今年もバグパイプの演奏で来場者を迎えます

  • 緊張に満ちたプロ部門の参加者

    緊張に満ちたプロ部門の参加者

  • 審査員の皆様

    審査員の皆様

  • 次々と登場するプロのカクテル

    次々と登場するプロのカクテル

  • 独特なスピーチでカクテルを紹介

    独特なスピーチでカクテルを紹介

  • プロのテクニックを披露していただきました

    プロのテクニックを披露していただきました

  • 個性的なカクテルが続々と揃います

    個性的なカクテルが続々と揃います

  • 和・洋・中、バラエティに富んだお料理が振る舞われました

    和・洋・中、バラエティに富んだお料理が振る舞われました

  • ウイスキーとの相性が抜群な料理は大人気

    ウイスキーとの相性が抜群な料理は大人気

  • 2017年の記念グラスで愉しんでいただきました

    2017年の記念グラスで愉しんでいただきました

  • ニッカウヰスキー株式会社様よりウイスキーが提供されました

    ニッカウヰスキー株式会社様よりウイスキーが提供されました

  • 一般部門のカクテルコンペティション

    一般部門のカクテルコンペティション

  • 一列に並べられる一般部門のカクテル

    一列に並べられる一般部門のカクテル

  • 一般部門は来場者による投票が行われました

    一般部門は来場者による投票が行われました

  • 一般部門のカクテル試飲

    一般部門のカクテル試飲

  • 一般部門の表彰式

    一般部門の表彰式

  • プロ部門のカクテルも振る舞われました

    プロ部門のカクテルも振る舞われました

  • プロ部門の表彰式

    プロ部門の表彰式

  • 今年もバグパイプの演奏で来場者を迎えます
  • 緊張に満ちたプロ部門の参加者
  • 審査員の皆様
  • 次々と登場するプロのカクテル
  • 独特なスピーチでカクテルを紹介
  • プロのテクニックを披露していただきました
  • 個性的なカクテルが続々と揃います
  • 和・洋・中、バラエティに富んだお料理が振る舞われました
  • ウイスキーとの相性が抜群な料理は大人気
  • 2017年の記念グラスで愉しんでいただきました
  • ニッカウヰスキー株式会社様よりウイスキーが提供されました
  • 一般部門のカクテルコンペティション
  • 一列に並べられる一般部門のカクテル
  • 一般部門は来場者による投票が行われました
  • 一般部門のカクテル試飲
  • 一般部門の表彰式
  • プロ部門のカクテルも振る舞われました
  • プロ部門の表彰式

プロ部門 表彰式

カクテルレシピ プロ部門

 宴もたけなわの頃、プロ部門の表彰式が行われ、緊張感漂う中で各賞が発表されました。審査は、味覚・香り、色彩・デコレーション、テクニック、ネーミング、そしてパフォーマンスを含む、様々な観点で厳正に行われ、3人の受賞者が決まりました。
 審査員特別賞は、土屋 明日香さんの「Chaleur 〜ぬくもり〜」が受賞。準グランプリには、関根 寿美子さんの「NOSTALGIA」が選ばれました。グランプリの栄誉に輝いたのは、中橋 悠生さんの「MURDOCH 〜水夫・君主〜」。中橋さんは、「準備した材料が納得いかず、直前まで作り直して臨みました。竹鶴政孝さんのように最後まで諦めなくて良かったと思います。これからはカクテルだけではなく、料理やお店の空間づくりなどにも挑戦していきたい」と、今後の抱負も述べられました。

グランプリ 中橋 悠生 氏

グランプリ 中橋 悠生 氏

準グランプリ 関根 寿美子 氏

準グランプリ 関根 寿美子 氏

審査員特別賞 土屋 明日香 氏

審査員特別賞 土屋 明日香 氏

一般部門 表彰式

カクテルレシピ 一般部門

 12名のウイスキー愛好家が参加して盛り上がった一般部門では、4人の受賞者が表彰されました。ブロンズ賞には武石 翼さん、シルバー賞には片岡 幸恵さん、そしてゴールド賞には石川 雄磨さんの作品が選ばれました。
 最優秀賞にあたるグランプリは、岡田 昌之さんのカクテル「夜想(やそう)」が受賞。友人のお店でもたまにカクテルを作っているという岡田さんは「グランプリとは思っていなかったので、とても嬉しい。ウイスキーを活かしながらリキュールと牛乳の調和を目指した部分を評価いただいたのだと思います。また違うリキュールを使って美味しいカクテルを作りたい」と、喜びいっぱいの表情で語られました。

グランプリ 岡田 昌之 氏

グランプリ 岡田 昌之 氏

  • ゴールド賞 石川 雄磨 氏

    ゴールド賞 石川 雄磨 氏

  • シルバー賞 片岡 幸恵 氏

    シルバー賞 片岡 幸恵 氏

  • ブロンズ賞 武石 翼 氏

    ブロンズ賞 武石 翼 氏

セミナー

  • 進化するウイスキーカクテルセミナー

     2016年に英国の「Asia Best Bar 50」に選ばれたBAR Ben Fiddichのオーナー鹿山博康氏(NBA六本木支部長)を講師に招き、今世界のバーの大きな潮流を生み出している「ミクソロジー」という文化や、鹿山氏がご自身で進化させたカクテルについて語っていただきました。お客様は、セージやピンクペッパーを使用した口中調味カクテル、『カフェモルト』の融点と沸点を利用した香り豊かなカクテルを試飲。これまで経験したことのない新しいウイスキーカクテルの楽しみ方を、それぞれ興味津々の面持ちで聴き入っていらっしゃいました。

    進化するウイスキーカクテルセミナー
  • マイブレンドウイスキーセミナー(中級)

     セミナー会場では、毎回恒例、ニッカウヰスキーの主任ブレンダー 二瓶 晋による有料の「マイブレンドウイスキーセミナー」が開催されました。ニッカウヰスキーの代表的な6つの原酒(モルト5種類、グレーン1種類)を使ってテイスティングを楽しみ、ブレンドの手法を学ぶセミナーです。最後に参加者はニッカウヰスキーの歴代ブレンダーが処方したレシピを参考にして、お好みの「オリジナルブレンドウイスキー」を作成されました。原酒の比率や組み合わせを自分流にアレンジして生まれた味と香りに、どなたも満足されていたようです。

    マイブレンドウイスキーセミナー(中級)
  • ウイスキーセミナー(初級)

     ウイスキーを嗜み始めた初級者に向け、もっとウイスキーの魅力を感じてもらおうと、アサヒビール ウイスキーアンバサダー 蓑輪陽一郎による無料の“ウイスキー基本講座”が開催されました。笑いも起こる和やかな雰囲気の中で、セミナーは進行。時折テイスティングを交えながら、お酒そのものの歴史、ウイスキーの個性、蒸溜所の違い、エイジングなど、ウイスキーにまつわる様々な話題が取り上げられました。セミナーの最後には、実際にピートを燻煙。本物のピートによるスモーキーな香りを直に体験し、お客様はとても喜ばれていました。

    ウイスキーセミナー(初級)

体験イベント

  • ブラックニッカ香るBAR体験

     2017年6月から7月にかけて六本木ヒルズで開催され好評を博した「ブラックニッカ香るBAR」が、かしわウイスキーフォーラムにも登場!参加者は、ニッカウヰスキーとアサヒビールが共同開発した『香りに出逢うグラス』を使い、『ブラックニッカ クリア』、『ブラックニッカ リッチブレンド』、『ブラックニッカ ディープブレンド』の香りの違いを比較されていました。アサヒビールイメージガールの田口千晶さんもサプライズ参加。お客様は、香りの楽しみ方のレクチャーを受けながら、田口さんとの交流も楽しまれていました。

    ブラックニッカ香るBAR体験
  • バーテンダー体験講座

     プロのバーテンダーから、シェーカーやステアの使い方を学び、実際にカクテル作りを体験することのできるコーナーが、今回新しく登場!誰でも気軽に参加できる雰囲気が好評で、カクテル作りは初めてという方も多く参加されました。中には、普段自分でカクテルを作っているという強者も!「ステアの正しい持ち方と回し方を教えてほしい」と、細かな指使いまで、プロの説明を真剣に聞かれていました。最後は、過去の優勝カクテルのレシピに挑戦。出来上がったカクテルを仲間とシェアして、飲み比べを楽しむ参加者もいらっしゃいました。

    バーテンダー体験講座

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。