• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 工場見学・お店・エリア情報 > 東北 > 祝!世界遺産認定 平泉特集 

東北

地域・お店・工場見学トップへ

  • 東北

祝!世界遺産認定 平泉特集

平安末期の約100年にわたり、華麗で厳かな仏教文化が花開いた平泉。2011年6月に世界遺産に認定され、
今、その魅力が改めて注目されています。東北で初の文化遺産となる、平泉の歴史に触れてみよう!

  • トップ
  • 平泉の文化遺産

世界遺産に認定された「平泉」

2011年6月、嬉しいニュースが飛び込んできました。「平泉」の世界遺産認定です。2001年より世界遺産暫定リストに登載されていた「平泉」ですが、これにより正式に、「平泉−仏国土(浄土)をあらわす建築・庭園及び考古学的遺跡群」という名称で、世界遺産に登録されることになりました。

権力が貴族から武士へと移り変わる激動の時代だった、11世紀後半から12世紀後半にかけて、約100年にわたり、平泉は短くも鮮やかな栄華を誇りました。それは、政治的にも経済的にも、都である京都に匹敵するほどの勢力だったのです。

その繁栄を築いたのは、奥州藤原氏。清衡(きよひら)、基衡(もとひら)、秀衡(ひでひら)、泰衡(やすひら)と4代にわたり、寺社などの造営を進めていきました。「中尊寺(ちゅうそんじ)」、「毛越寺(もうつうじ)」、「観自在王院跡(かんじざいおういんあと)」、「無量光院跡(むりょうこういんあと)」、「金鶏山(きんけいざん)」など、今回世界遺産に登録された史跡の数々は、奥州藤原氏の巨大な富を反映しているだけではなく、彼らの思想を今に伝えています。特に、創建当初の姿を今に伝える唯一の建造物である「中尊寺金色堂」は、平泉を象徴する御堂として、あまりにも有名です。

中尊寺金色堂覆堂

「五月雨の 降り残してや光堂」と、松尾芭蕉の俳句にも詠まれた中尊寺金色堂覆堂

毛越寺

平安時代を代表する浄土式庭園が美しい毛越寺

戦のない、理想郷を目指して

初代・清衡以降、歴代当主に受け継がれたのは、戦のない仏国土(浄土)を作るという理念でした。神聖な山である「金鶏山」を基に、4つの庭園や仏堂を配置し、理想郷の光景を実体化していったのです。それは、アジアから伝わった仏教と、日本古来の自然信仰である神道が融合した、独特の概念でした。このような平泉の思想は、その他の都市の仏堂や庭園にも影響を与えており、今回の世界遺産登録でも、その価値を評価されています。

奥州藤原氏とは

奥州藤原氏初代・清衡の父である経清(つねきよ)は、宮城県南部を本拠地とする豪族だったと考えられています。11世紀中頃、東北地方の豪族・安倍氏と朝廷の間に争いが起こり、「前九年の役」と呼ばれる合戦となりました。経清は安倍氏側に加勢しましたが、安倍氏は敗北。経清は処刑されてしまいます。経清の子である当時7歳だった清衡も同様に処刑されるはずでしたが、母親が敵方の清原氏に再嫁したことによりそれを免れたのです。

しかしその約20年後、清原氏の中で跡継ぎ問題が勃発し、清衡は、兄・真衡(さねひら)、弟・家衡(いえひら)と争うことになります。これが「後三年の役」と呼ばれる戦いです。真衡の死後は、清衡と家衡の対決となりましたが、戦いの末に勝利を収めた清衡は、平泉に館を移します。ここから約100年にわたる奥州藤原氏の時代が始まります。

「後三年の役」で、異父弟である家衡に妻子を皆殺しにされるなど、凄惨な戦を経てきた清衡は、平泉に理想郷を実現すべく、「中尊寺」を建立。金色堂や主要な堂塔を完成させ、1126年に行った大法要では、「戦争の無い理想郷を作りたい」という旨の願文を読み上げたと言われています。

藤原清衡

平泉文化の礎を築いた、奥州藤原氏初代・清衡

藤原秀衡

三代目秀衡の時代に、平泉の勢力は頂点を極める

繁栄から滅亡へ

二代目基衡は父の遺志を受け継ぎ、「毛越寺」の建立や大路の建設など、仏教を中心とした街づくりを進めていきます。基衡は「毛越寺」の完成を待たずに亡くなりますが、三代目を継いだ秀衡が完成させ、さらに、京都の宇治平等院鳳凰堂を模した「無量光院」の建立なども実現しました。こうして平泉は、巨大寺院や屋敷が建ち並ぶ都市へと発展していったのです。

一方そのころ都では、貴族から武士の世へと移り変わり、後白河法皇と源頼朝の対立が本格化していました。そんな中、秀衡は1170年に鎮守府将軍、次いで1181年には陸奥守に任命されます。これは「平泉」という地方政権が中央政権から正当化されたということを意味しており、後白河法皇の「京都」、頼朝の「鎌倉」、秀衡の「平泉」という、三つ巴の勢力図が形作られたのです。

なお頼朝の弟・義経は、若かりし頃、秀衡を頼って平泉に身を寄せていました。平氏滅亡後、頼朝と不仲になった義経は再び平泉に身を寄せますが、父のように頼っていた秀衡が1187年に亡くなってしまいます。秀衡は、四代目・泰衡をはじめとする息子たちに、「源義経を大将とし、力を合わせて頼朝と戦うように」という遺言を残しますが、泰衡たちは頼朝の圧力に屈し、義経を自害へ追い込んでしまいます。

頼朝の意に従った泰衡でしたが、頼朝は「義経をかくまった」として許さず、大軍を率いて奥州侵攻に乗り出しました。泰衡は逃走するものの、家来の裏切りによって殺されてしまい、約100年にわたり絶大な力を持った奥州藤原氏は、ここにはかなく滅んでしまうのです。

平泉の栄華は奥州藤原氏の滅亡とともに少しずつ衰退。往時の建物は焼失したり、庭園は田畑になるなどし、1600年ころには、現在に近い状態になっていたと考えられています。しかし、平泉の人々は、残された遺跡を良好な状態で大切に守ってきました。さらに舞や祭などの芸能を今日まで受け継ぎ、その貴重な足跡を伝え続けています。

  • 「争いのない仏国土」を目指した平泉の文化遺産

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。