• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 工場見学・お店・エリア情報 > 北海道 > 北海道ご当地グルメ&食材マップ > 旭川塩ホルモン 

北海道

地域・お店・工場見学トップへ

  • 北海道

北海道では昔から養豚が盛んな地域が多くありましたが、特に旭川では旭川市史に「明治末期から昭和20年頃まで旭川市の豚飼育頭数は道内他の都市をはるかにしのぎ、圧倒的首位を誇っており、旭川一市で全道飼育頭数の5%〜9%を占めていた」と記されているほどでした。旭川は実に100年以上も前に養豚王国を築いていたことになります。

こういった歴史から、旭川でホルモンと言えば豚を指します。塩ホルモン発祥の店といわれるのが昭和20年代後半に開店の「馬場ホルモン」。当初はホルモンを焼いた後、お客さんが塩コショウで味付けして食べるスタイルでしたが、自分で味付けするのが苦手なお客さんを見て、塩で下味を付けることを考案。その後数々の名店が生まれました。

現在の旭川塩ホルモンは「塩タレで下味を付けたホルモン」を「炭火で焼く」ことです。炭火でカリッと焼き上げ、噛みしめるほどにじわっと染み出る旨み。シンプルで新鮮だからこそ素材の旨みを感じることができます。ビールとの相性もぴったりです!

旭川塩ホルモンが食べられるお店

道内産の塩ホルモンを炭火で堪能できるお店
旭川塩ホルモン おやじ亭


もっと詳しく見る

>>オフィシャルサイトはこちら
※外部サイトへリンクします。

冷凍物は一切使用せず、道産ホルモン・肉のみを厳選。おすすめは肉厚でプリプリのホルモンを堪能できる「昭和の塩ホルモン」です。

住所:旭川市五条通7丁目851
TEL:0166-24-5298
営業時間:17:30〜24:00
定休日:不定休

塩ホルモンブームの草分け的存在の店
塩ホルモン専門 炭や 旭川店


旭川が発祥の地とされる塩ホルモンブームの先駆けとなった店。路地裏にたたずむ店の中は連日大にぎわい。とびきりの低価格がうれしい 。

住所:旭川市五条通8丁目右3
TEL:0166-26-4303
営業時間:17:00〜(平日・土・祝前),16:00〜22:30 (日・祝)
定休日:なし

旭川の塩ホルモンの元祖と言われる老舗
馬場ホルモン


昭和20年代に開店の老舗中の老舗。メニューは「塩ホルモン」の一種類だが、豚のホルモンの様々な部位がミックスされ、一皿で色々な味を楽しめる。

住所:旭川市七条通8丁目右4
TEL:0166-23-0947
営業時間:16:30〜22:00
定休日:日曜日

独自の仕込みの塩ホルモンが看板メニュー
塩ホルモン きくちゃん


看板メニューの塩ホルモンは、仕込みに時間を掛けた絶妙な塩加減と甘みがおいしさの秘密。丁寧に隠し包丁を入れたガツは、感動の歯ごたえ。

住所:旭川市永山三条8
TEL:0166-46-2701
営業時間:
17:00〜24:00(平日・土・祝前)
16:30〜24:00(日・祝)
定休日:不定休

すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。