• はい
  • いいえ

アサヒビール トップ > 工場見学・お店・エリア情報 > 北海道 > 北海道オススメイベント情報 

北海道

地域・お店・工場見学トップへ

  • 北海道

鶴の恩返しキャンペーン アサヒビールは、ニッカウヰスキー商品を通じて、タンチョウの保護・北海道の自然環境保全活動を支援します。
鶴の恩返しキャンペーン アサヒビールは、ニッカウヰスキー商品を通じて、タンチョウの保護・北海道の自然環境保全活動を支援します。

創立者・竹鶴政孝が父ならば、ニッカウヰスキーにとって北海道は母なる大地。清らかで時に厳しいその風土が、世界に誇る味と香りを育みました。偉大な北の自然のために、アサヒビールができること。
ブラックニッカ60周年を記念して「鶴の恩返しキャンペーン」を実施いたします。

期間
2016年11月1日(火)〜2017年1月31日(火)
対象商品
平成28年11月1日から平成29年1月31日に北海道エリアにおいて出荷した、ブラックニッカ クリア(瓶・PET)/ブラックニッカ クリアハイボール缶/ブラックニッカ リッチブレンド(瓶・PET)/ブラックニッカ ディープブレンド(瓶)/ブラックニッカ ブレンダーズスピリット(瓶)
※ブラックニッカ クリア樽詰めハイボールも対象商品です。
寄付先
公益財団法人 北海道環境財団/公益財団法人 知床財団

■ご参考:公益財団法人 北海道環境財団 http://www.heco-spc.or.jp/
市民・民間の主導による自発的な環境保全活動を促進し、環境学習の機会の提供や情報交流などさまざまな活動支援を行うため、北海道の出資により設立された非営利団体です。札幌駅近くに開設した「北海道環境サポートセンター」を拠点に活動しています。

北海道には、日本全国における湿地の80%以上が存在し、タンチョウなど多種多様な動植物を育み、私たちに恩恵をもたらしています。また、湿地を守る条約・ラムサール条約に登録されている湿地も13か所あり、それらの場所では、行政や民間団体などがそれぞれの湿地を保全するため、地域の子どもたちなどの環境教育に取り組んでいます。
HRN北海道ラムサールネットワークとは全道に広がる13箇所のラムサール条約登録湿地に関係する施設機関・団体が連携し、ワイズユースや保全啓発について現場サイドからの提案や協議を図るために結ばれたネットワークです。[2006年9月発足]
ラムサール登録湿地 logo_クッチャロ湖 txt_クッチャロ湖 logo_涛沸湖 txt_涛沸湖 logo_野付半島 txt_野付半島 logo_風蓮湖 txt_風蓮湖 logo_霧多布 txt霧多布 logo_厚岸湖 txt_厚岸湖 logo_釧路湿原 txt_釧路湿原 logo_阿寒湖 txt_阿寒湖 logo_ウトナイ湖 txt_ウトナイ湖 logo_大沼 txt_大沼 logo_宮島沼 txt_宮島沼 logo_雨竜沼湿原 txt_雨竜沼湿原 logo_サロベツ原野 txt_サロベツ原野
■ご参考:公益財団法人 知床財団 http://www.shiretoko.or.jp/
知床財団は、1988年に設立されて以来20年以上にわたって環境教育や普及啓発、野生生物の保護管理・調査研究、森づくりなどを行ってきた公益財団法人です。
世界自然遺産である知床の大自然を「知り・守り・伝える」ため、知床自然センター・羅臼ビジターセンター・知床五湖フィールドハウス・ルサフィールドハウスを拠点に活動しています。

今回、公益財団法人 知床財団では、アサヒビールの支援を受けて、世界自然遺産である知床の大自然を守っていく為の環境教育や普及啓発活動の推進を図ります。
対象商品:左から
ブラックニッカ クリア(瓶・PET)、ブラックニッカ クリアハイボール缶、ブラックニッカ リッチブレンド(瓶・PET)、ブラックニッカディープブレンド(瓶)、ブラックニッカブレンダーズスピリット(瓶)、※ブラックニッカクリア 樽詰めハイボールも対象商品です。
ブラックニッカは今年で60周年
ニッカウヰスキーの詳しい情報はこちら www.nikka.com ブラックニッカブランドサイトはこちら



すべては、お客様の「うまい」のために

お酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
ほどよく、楽しく、いいお酒。のんだあとはリサイクル。